本文へスキップ

耳鳴りとイヤホン - 耳鳴りの読む薬23錠目

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

イヤホンによる耳鳴りへの影響読む薬23錠目

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り読む薬


ラジオを聞きながら耳鳴りを誤魔化していると・・・


『寝るとき辛いから耳にイヤホン突っ込んでラジオを聴きながら寝てます・・・』

寝るときの気になる耳鳴りをごまかす為に、耳にイヤホンを突っ込んで、ラジオを聴きながら寝るという方も、皆さんの中には結構いらっしゃるのではないでしょうか。

まずはIさんのご相談内容を見てみましょう・・・

===============================
> 寝るときは、FMラジオのステレオ放送をイヤホンで聞いて寝ます。
> 翌朝直る場合もあります。直らない時は、1日中鳴りっぱなしで、
> 時間とともに音が大きくなります。
> 最近では、ラジオ放送を聞いても直らない場合が殆どです。
> ちなみに、耳鳴りの症状は、5年程続いています。いま、抗不安剤を
> 飲んでいます。また、ビタミンCの補給にレモン汁を飲んでいます。
> このような、状態で直るのでしょうか?
===============================

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)

最近は症状は酷いが、日によって耳鳴りに変化があるということに注目していきましょう。

耳にイヤホーンを突っ込むこと自体が、体の異常を取り除いて症状を落ち着かせているわけではありませんが、その行為によって何らかの精神的安定がはかられているものと思われます。

最近、同じ状況が続いてしまうのは、その行為が無意識のうちにマンネリ化してきて、精神的安定がはかられなくなったからと考えられます。

その行為自体に根拠がないですから、当然の結果ではあるのです。

また、耳鳴りが鳴り出すきっかけは、ホントに人それぞれ様々です。しかし、きっかけはあくまでもきっかけであり、今の状態を作り出している原因とは限りません。

しかし、通常人間の体は、ある程度の症状は自然治癒してしまうように出来ています。

ところがコレが、何週間、何ヶ月、長いときで何年・何十年経っても耳鳴りが治まらないとなると、コレはもう、耳のどこかがおかしいとか、脳に何かが出来ているとかの問題よりも、「心理的なすり込み」が原因している事の方が強いのかもしれません。

この部分を深く理解し、問題を突き止めていけば、良くなる可能性は大いにあるはずです。

ただ、すぐに良くなる人もいれば、いつまで経っても回復しない人もいらっしゃるのが現実です。

この部分を深く理解し、問題をその違いはひとつに、今ある問題に対しての姿勢、つまり耳鳴りに対して治療を受けるという「受け身」だけではなく、自分自身で前向きに取り組んでいく「攻めの姿勢」が欠けている場合も一つに存在します。突き止めていけば、良くなる可能性は大いにあるはずです。


嬉しいお便り

  • ご感想1

    いつもアドバイスをいただきまして有り難うございます。
    最近は耳鳴りの事を忘れている事が多くなり、だいぶ楽になりました。
    完全に治った訳ではありませんが、お陰さまで夜も良く眠れるようになり有り難く感謝申し上げます、今後共ひきつずきよろしくご指導をお願い致します。(白鷹様)
  • ご感想2

    今日いただきました耳鳴り対策プログラム(第2回)/体の酸欠は耳鳴りに悪影響運動だったので、驚いています。昨夜は気持ちよく朝までぐっすりねむれ、今日は耳鳴りがありません。塞がった感じも吹き飛んでいます。ウソみたいです。山下様のおかげです。(高野様)
  • ご感想3

    いつもメールを送って頂きありがとうございます。耳鼻科、脳外科で検査しましたが、異常無し、原因不明でした。薬も、首のこりを取る薬だけです。
    これでは、だめだと思い。今は、耳鳴りエクササイズをしながら、昨日、東洋医学の病院に行き話を聞いてもらい漢方薬を飲むことにしました。最近は、一番ひどい時に比べたら半分くらいになったと思います。これからも続けます。宜しくお願いします。(I様)


耳鳴り改善の読む薬。続きは以下で