本文へスキップ

指先刺激で耳鳴り解消! - 耳鳴りの読む薬11錠目

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

指先に秘められた魔法読む薬11錠目

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り読む薬


刺激が体を活性化する

イメージ

山下です。普段からよく使う指先には、様々な症状改善ポイントが集結されています。

今回は、その特性をうまく生かした対策を見直してみましょう。

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)


Mさんからの嬉しいご報告です。

>山下 剛先生 娘の回復は意外と早かったなと娘とも話してております。
>静かに呼吸し、適宜タッピングをしたことが耳鳴りを軽くしたたようだ
>との私の印象です。頭痛のほうはストレス解消の睡眠と少し休暇を取っ
>たことが良かったものと見ております。

>先生のお見立てで、脳のほうは問題なしと自信をもってお書きくださっ
>たことも、本人に格好なストレスレリ−フであったと思っております。
>生身の人間ですね。

>適当に暗示をかける治療も必要かも知れません。とにかくいい方向に向
>かってきたので、ほっとしております。有り難うございました。


特定できる原因や異常が見あたらない場合、または薬や漢方など様々な治療を施しても改善が見られない場合は、やはり「心理的悪循環」が回復の邪魔をしていることがよくあります。

そんな時は、冷静に落ち着いて問題点を見つけだす目を養っていくことがポイントになります。

しかしそうは言っても、つらい症状を抱えたままでは、なかなか上手く取り組んでいけるものではありません。

そこで役立つのが「刺激」なんです。


以前、お伝えしたように、体に対して何らかの刺激を与えることは各神経のネットワークを活性化させ、乱れた電気的信号の流れをスムーズにする働きがあります。

それによって「善循環」を作る良いきっかけが作られ、不安・イライラ・焦り・倦怠感など、耳鳴りに良くないマイナスな感情面に対しても非常に効果的に働き、症状の改善に役立つということをお伝えしましたね。

その刺激ポイントの一つが「指先」にあるのです。

指先は鋭敏な感覚でわかるように、様々な神経が集結されているといわれているくらいです。中でも各指先によって「交感神経」と「副交感神経」の働きを表す場合もあります。

この2つの神経系は互いにバランスを取り合って「緊張」と「リラックス」を上手く操作しているのですが、耳鳴りなど症状に悩まされている方は、このバランスに乱れがある傾向が強いのです。

そこでエクササイズ法の一つとして「タッピング」で刺激を加えて、悪循環から→善循環に変える働きを促すわけです。

一度、善循環の感覚を経験すると、ふただび何かの影響で耳鳴りが起こったとしても、スムーズに対処できるようになります。


今回のポイント

  • ポイント1

    いろいろ試しても改善が見られない場合、その症状に対する脳の学習効果と心理的悪循環が背景となっている場合が多い。
  • ポイント2

    指先は神経の集まりどころと言われており、指先を刺激することは脳の活性化、カラダ全体の活性化にも繋がる。


耳鳴り改善の読む薬。続きは以下で